東京ラーメン新人賞”のとんこつ部門で2位の西日暮里の「えどもんど」。競争力のある二郎系ラーメンだった

先日、毎年恒例のラーメンの祭典の雑誌、「第22回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2021-2022」が発売されたのです。発売と同時に購入し、ラーメン店をチェックする自分が怖いのですが。

そして、お店をチェックしていると琴線に触れたお店があったのです。

2020年12月4日オープンの「えどもんど」というお店だったのです。

“東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー新人賞部門”の「とんこつ」で第2位のお店なのです。

  • 東京都荒川区西日暮里5-31-9
  • JR山手線ほか西日暮里駅より徒歩3分

国産の厳選素材を組み合わせたスープは多重な旨みあふれる

「見た目よりは重さを感じませんし」の言葉通り、スープは豚骨ベースながらあっさり。「スープを構成する肉・骨・香味野菜・醤油の風味が、口中で混然一体となる」

卓上のラー油や胡椒などはスープでなく、麺にかけることを推奨。「スープに入れると元に戻れないけれど、麺なら“戻れる”」と。

アブラましは別皿で提供。そこに麺を入れれば油そばに!

太平打ち麺は店内で製麺。茹でムラが出ないよう、大きな釜で茹でられる。

  • “ラーメン(豚2枚・半玉子)”900円

8割の人がこちらを注文。「ヤサイ通常、ニンニクなし、アブラ少し」が基本。麺/300-350g

この記事というかこちらのラーメンのうまそうな写真を見て、突撃することにしたのです。

さすがに西日暮里は行ったことがない土地なのです。土地勘が全くありません。駅前の交差点で道に迷いながら、お店に到着です。大きな街道沿いにあります。

1時15分ぐらいですが、行列は3名です。雑誌の教えの通り、“ラーメン(豚2枚・半玉子)”900円の食券を購入し、順番を待ちます。

入店時にまずは麺の量だけを聞かれるのですね。ここはさすがに普通です。チケットもここで店員さんに渡します。

こちらのお店の無料のトッピングの言い方です。

  • 野菜抜き   野菜は入れません
  • 野菜少なく  通常より少なく盛ります
  • 野菜少し   通常+少量増します
  • 野菜増し   通常+野菜増します

ニンニクも同じ符牒ですね。

席に案内され、しばし待ちます。すると、トッピングを聞かれて、ラーメンがすぐに提供されるスタイルです。

本日の自分は「ヤサイ少し、ニンニク少し、アブラ少し」と声をかけました。

そして、ラーメンの登場です。アブラも別皿で提供されます。見た目は間違いなく、あのラーメン二郎なのです。こちらの方が肉が分厚いかな

ラーメンとの格闘が始まります。味も二郎なんだな、これが。思ったのが、TRYラーメン大賞で二郎ぽいラーメンがランクインするとは意外でした。

麺もうましで、気に入りました。特に肉塊とも言うべきお肉はおいしいです。このお値段であまり行列なく食べれる二郎のインスパイア(そう呼んでもよいのかな?)としては十分に競争力のあるラーメンと思った次第です。

場所柄、自分には少し遠いですが、リピしたいお店ですね。

ご馳走様でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。