Warning: Use of undefined constant AIOSEO_VERSION - assumed 'AIOSEO_VERSION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kazhada/kazuohada.com/public_html/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/templates/features.php on line 3333
三井住友ビジネスカードから太っ腹なキャンペーン。一撃で29,800円が獲得可能。個人事業主でもビジネスカードは発行可能。

三井住友ビジネスカードから太っ腹なキャンペーン。一撃で29,800円が獲得可能。個人事業主でもビジネスカードは発行可能。

三井住友カードが発行するカードに「三井住友ビジネスカードfor Owners」という法人代表者や個人事業主向けのカードがあります。

いわゆる会社経費をカード払いするクレジットカードです。個人と法人の経費が混在しないので、経理事務の負担が軽減されます。

そして今、このカードの入会の獲得競争が激烈を極めています。

あるアフィリエイト経由で加入すると、普通カードのクラシックもしくはゴールドでももれなく21,800円のキャッシュバックがあります。

そして、クラシックカードは年会費が何と税抜1,250円という安さです。

成果条件としては下記のとおり。

  • VISAカードの発行
  • クラシックとゴールドが対象(プラチナは対象外)
  • パートナーカード(1名につき税抜400円)の入会同時お申込み

きわめてシンプルな条件です。ポイントは個人は対象外ですが、個人事業主ならOKだということです。だけど、謄本も決算書も不要と募集のチラシにはおどっています。

こんな企画があるのであれば、副業などがOKの会社に勤めているサラリーマンなら、確定申告をしておくのも有りなのかなと思っています。

自分は、投資用のマンションで収入計上していますので、個人事業主の資格があります。

そして、これにプラスして、クレジットカード側でもプレゼントが設定されています。

  • もれなく、新規入会&1ケ月後末までに5万円の利用で、最大11,000円のVISAギフトカードがプレゼント
    • ゴールド・プラチナカード 11,000円分
    • クラシック          7,000円分
  • 前者を達成し、新規入会から1ケ月後末までに電子マネー「ID」を持ってもらえれば、1,000円分プレゼント

アフィリエイト側とカード側のキャンペーンを足すと、クラシックカードでも何と、29,800円がもらえるという太っ腹な企画です。

かかるコストはクラシックカードの年会費1,250円とパートナーカード400円の税抜1,650円だけです。

カード単体での利用限度額は150万円です。普通カードだからしかたがないのかな。ビジネスで使うとすると少し利用枠が少ない感じはします。

ちなみにこのキャンペーンの締め切りは2019年6月30日です。

本当にこんな太っ腹の企画みたことありません。ポイントの改悪が続いているクレジットカード業界で久々の企画です。クレジットカード会社側から見れば、ビジネスカードはそんなに利用額が多く期待できる良いカードなのでしょうか。こんなに販促をかけて獲得したいのであれば、明らかにそうなのでしょう。

だけどつくづく思うのは、単純なポイントサイト経由での申し込みだけでなく、アフィリエイトもよくチェックしていないといけない時代ですね。

一番条件の良いところから申し込むのが鉄則ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。