令和元年のクリスマス、リッツ・カールトンのストロベリーショートケーキになった。やっぱり、“ケーキもリッツで決まりね”の一言で

いよいよこの日を迎えました。

令和元年のクリスマス、12月25日です。

例年、我が家のケーキはヤマト運輸の創業者の小倉昌男さんが立ち上げた障害者のための団体である「スワンベーカリー」さんのクリスマスケーキを予約してきた。

日頃から社会貢献活動には縁遠いい自分です。年に1回ぐらい、クリスマスぐらいは障害のある方を応援する意味も込めて、スワンベーカリーさんを利用してきた。

スワンベーカリーさんのケーキは当然、日時も指定でヤマト運輸さんが丁寧に届けてくれます。

ところが、昨年あたりからこのリズムが崩れてきたんだな。

家族から違うクリスマスケーキが食べたい、というとんでもない発言が出てきたのでした。そして、そうゆう事情で昨年のクリスマスケーキはキャピタルホテル東京のクリスマスケーキになったのでした。

今年もスワンベーカリーでない、違うクリスマスケーキが良いと言いだす始末です。

当初は、「シャングリ・ラ ホテル 東京」の「フレーズ デ ボア」(野いちご)が良いと言っていました。何故なら、インスタ映えが良くて、おいしそうだからというのが理由です。

唖然とする理由です。

社会貢献活動から遠く離れて、インスタ映えとは。

その後、断続的に家族会議が設けられ、結局はリッツカールトンのクリスマスケーキになったのでした。

こちらに決まった理由は、11月下旬に東京ミッドタウンの「Artisan de la Truffe Paris」に食事に伺った帰りに、何気にリッツ・カールトンホテル東京に立ち寄ったのがきっかけです。

そして、出した結論が、“やっぱり、ケーキもリッツで決まりだね”ということでした。

そのケーキは「ストロベリーショートケーキ」です。

毎年欠かせない、定番のショートケーキ

しっとりしたジェノワーズスポンジに、カスタードと生クリーム、苺をまるごとたっぷりと重ね、軽い食感に仕上げました。

様々なシーンでお楽しみいただけるように、今年も3つのサイズを用意しました。

店舗:ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ(1階)

料金

  • 直径 9㎝ 3,900円(税別)
  • 直径12㎝ 4,900円(税別)
  • 直径15㎝ 6,300円(税別)

そして、我が家が選んだ大きさは直径12㎝のストロベリーショートケーキです。

25日当日夕方に引き取りにリッツに家族が行ってきました。

りっぱなリッツ・カールトンの手提げに入っています。さすが、リッツといったところでしょうか。

食事のあと、さっそくケーキ入刀です。確かに、苺がたくさん入っています。ケーキの中にも苺が入っています。食感はスポンジも軽く、カスタードも極めてなめらかです。

非常に上品でエレガントなストロベリーショートケーキです。

ですが、この大きさでは3名で食べると一瞬のうちになくなるのも早いです。

そして、クリスマスの夜は更けていくのでした。

メリー・クリスマス!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。