クアラルンプールのリッツ・カールトンとヒルトンのホテル中華の飲茶はどちらがおいしいのかな、お財布にやさしいのは

クアラルンプールの一番の繁華街ブキッビンタン(Bukit Bintang)地区にある有名な高級ショッピングモールのパビリオン(Pavilion)に行った時のことです。

いつもこのお正月の時期はこちらではセールをやっていて2年前もこちらのパビリオンに来たのを覚えています。

今回はTod’sで50%OFFになっていたシューズをゲットしたあとのことです。

時間は丁度14時ぐらいです。ランチはどこにしようかということに相成りました。

近くにリッツ・カールトンがあります。そこで、飲茶でもしようということに。歩いて2分ぐらいのところにあるリッツに突撃します。

中華レストラン「Liyen」は2階の様です。こちらのリッツ、レストランが結構わかりずらい配置になっています。少し導線が悪いかな。

レストランでは、予約はあるか聞かれましたが、予約なしでもテーブルを用意してくれたのでした。

ウェイトレスの年配のお姉さんがグイグイとオーダーを取りに来ます。

だけど、まずはカールスバーグで乾杯ですね。最初、このウェートレスのカールスバーグの発音が聞き取れなかったんだな。この人、何を言っているのかと思ったのでした。

注文したものは、

  • 腸粉(英語名: BBQ Cheong Fun)
  • 豚肉饅頭(英語名: BBQ Pork Buns)
  • 何かの海鮮系のシュウマイ
  • ホタテ入りチャーハン(こちらは、おばちゃんから半ば強引にオーダーをとられた)
  • (ビールのつまみの)鶏もみじの煮込み(英語名: Chicken Fleet)
  • (デザート)マンゴー・プディング

お味はどれもおいしいですね。1月2日の14時過ぎだと言うのに、結構お客さんは入っていますね。やはり、日本人の比率が高いかな。カップルでワインボトルを空けて優雅に飲まれている方もいます。

そして、リッツで驚いたことが。リッツには飲茶で小籠包はありません

やはり、内装も含め、雰囲気はリッツという感想を持ちました。

これでお会計は335リンギット(約9,100円)

ランチにしては少し高いですね。まあ、優雅さとのトレードオフかな。

そして、翌日1月3日のランチは、宿泊しているヒルトン・クアラルンプールの中華に行ってみました。お店の名前は「CHYNna」

こちらの点心のキッチンはオープンでめずらしい造りですね。

注文したものは

  • BBQ饅頭
  • 小籠包
  • BBQ腸粉
  • (ビールのつまみの)鶏もみじの煮込み
  • チャーハン

こちらの客層はビジネスマンの人も多い印象です。リッツと比べるとこちらの方がリラックスできるレストランかな。

で、こちらのランチの飲茶のラストオーダーは確か14時30分だったと思います。

これでお会計は5千円強です。

値段と料理の質を考えれば、優雅さを除けば、自分はヒルトンの飲茶の方がよいかなと思った次第です。

そして、ヒルトンの飲茶にはおもしろいお茶の注ぎ方があります。最初の1杯目は変わったボトルで高いところから注ぐというパフォーマンスを見せてくれるのです。

ランチにエレガントさを求めるならリッツ、コスパを重視するならヒルトンの飲茶というところでしょうか。自分はヒルトンでOKです。キッパリ。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。