赤坂グリルのステーキはいまいちかな? 

土曜日は家族で外食の日。今日は3名でディナー。

連れの一人が、今日は肉を食べたい、まだ行ったことのない店に行きたいと言うので、「赤坂グリル」を訪問した。(東京都港区赤坂3-7-11 レジーア赤坂 1F)

夜7時過ぎに入ったところ、入りは3割り程度。すぐに座れた。

注文したのは、

  • 生カキ3つ
  • ギアラの煮込み(ギアラは牛の第4胃かな)
  • アメリカ産 ブラックアンガス チャックアイロール 100g当たり1,300円
  • 赤坂グリルのハンバーグ 200g

ステーキは好きなグラム数で注文できる。ちなみに、注文したのは200gと連れの男の子は300g。

生カキは普通かな。値段も1個580程度。ギアラの煮込みはトマトベースで普通においしいが、味が缶のデミグラスソースぽく、もっと個性的な味にした方がよいと思う。

ステーキは、このブラックアンガスは筋が多すぎると思う。また、薄ぺらいので、見た目にも豪華さがなく、少し残念なステーキでした。ソースは和風ソース他、3種類あった。まあ、値段相応というところかもしれない。連れも皆、同意見であった。ワインをグラスで3杯(もっと注いでくれてもよいのでは?)飲んで、合計13,000円程度。

この値段とクオリティなら、同じ赤坂にある「炭焼ステーキくに 赤坂店」(ステーキくには、あの立ち食いステーキで有名ないきなりステーキと同系列のお店、但し、こちらのお店は着席して食べる正統派ステーキ店です)に行く方が絶対によいと思う。また、アークヒルズの近くにあるステーキBuffの方がよい。

今回は辛口の評価となってしまいましたが、やはり、再訪はないかな。

そんな感じでした。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。