伝説のレストランクリエイターのアラン・ヤウのYAUMAY/丘如春を訪問。すごものを見たぞ。このご時世で満席

土曜日の夕食です。本日のレストラン選びは家族から要望されたのです。インスタ映えするレストランがあるからそこにしようというのです。場所は丸の内です。

  • YAUMAY
  • 東京都千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエアビル2階
  • TEL 03-6269-9818

YAUMAY/丘如春

丘(yau)はレストランクリエイター アラン・ヤウ氏の姓より

春(may)は物事の、そして人生のはじまりを意味する春

丘如春

人々の幸福を祈る中国の詩的な組み合わせ

アラン・ヤウ氏の世界観をここ丸の内に表現し、日本のおもてなしを世界中の方にご提供するため、ヤウメイは2018年11月 三年の準備期間経てうまれました。

そして、そのアラン・ヤウ氏とはこんな人なのです。

伝説のレストランクリエイター ALAN YAU氏

世界各国で数々の有名店プロデュースを手掛ける、カリスマレストランター。
現在18か国で展開している日本食レストランチェーン「wagamama」の創業を皮切りに、ロンドンの伝説的レストラン「HAKKASAN」や高級飲茶店「Yauatcha」など幅広い業態のプロデュースを行う。
2006年には外食業界への貢献度が評価され、イギリス大英帝国勲章を受賞。

そして、当日はこんな情報も知らずにレストランに赴いたのです。予約は18時45分です。入り口で感じた印象はド派手なエントランスだな、品がないなと思った次第です。

中は相当に広いです。テーブルに案内される前にオープンキッチンの中で点心が湯気を拭き上げている光景を目にしたのでした。活気がある厨房です。

そして、テーブル席について、店内を見渡して驚くべき光景を目にしたのでした。何とほぼ満席です。コロナ禍のレストランでは考えられません。こんな光景久しぶりに目にしたのでした。

店内は入り口と違ってシックそのものです。雰囲気は上海バンスキングの世界です。まるで上海の外灘(バンド)の高級レストランです。照明もほどよく、上海の雰囲気を醸し出しています。食べる前から、本当に感心しました。

そして、メニューを見てびっくりです。実にシンプルなメニューです。メニューはA4 1枚です。まずは、ビールを1本注文して、今日はアラカルトで注文です。ビールのジョッキ、実にユニークです。

自分の大好きな鶏足があるんだな。注文したのは、下記の5品です。

  • 鶏足 豆鼓ソース
  • 海老蒸餃子
  • 揚げ湯葉と海老の腸粉
  • ハニーローストポーク
  • 蓮の葉ちまき

腸粉以外は納得のお料理です。腸粉はやっぱりもう少し細めで、もっちりした下品な方が好きなんだな、これが。

だけど、ドリンクは結構値段がはるので、呑助の人と行く時には注意が必要です。

自分はビールのあとは白のグラスワインを2杯飲んだのです。好きなイメージを言って、グラスについでくれるスタイルです。値段は1杯1,500円ぐらいかな。

だけど、久しぶりに驚嘆するレストランに出会いました。メニューのシンプルさも凄いし、雰囲気が抜群です。コロナ禍でレストランは大変ですが、力のあるレストランはこんな時勢でも満席になるのですね。

経営者として見習いたいですね。

そして、本日のお会計は3名で16,000円なりです。リピ決定のレストランになりました。

だけど、アラン・ヤウはすごい人だな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。