ブロードメディアのご機嫌な裏優待は2021年で終わりかかな?来年からは株式併合でうま味少ないのでは

ブロードメディア株式会社(4347)という東証マザーズに上場している会社があります。

こちらの株式は現在無配ですが、下記の優待がいただけれる優待銘柄なのです。

保有株式数と継続保有期間に応じて、オンラインのレンタルビデオサービス「クランクイン!ビデオ」/電子コミックサービス「クランクイン!コミック」において利用可能な株主優待ポイントを贈呈(1ポイント=1円相当)

100株以上 1年未満:2,000ポイント   1年以上:2,500ポイント
500株以上 1年未満:4,000ポイント   1年以上:6,000ポイント

だけど、自分はこちらの優待は全く興味がないのですが、こちらの優待にはいわゆる裏優待というものが存在するのです。

そんな裏優待ですが、先日、自宅に封書で到着したのでした。

タイトルは“議決権行使のお礼”というものです。

さて、この度は、当社の定時株主総会において議決権を有効にご行使していただきまして、誠にありがとうございました。

つきましては、心ばかりの謝礼として、QUOカード(500円分)をお贈りさせていただきます。

株主総会に出席してのお土産はよくある話しですが、別に出席する必要もなく、郵送やネットで議決権を行使するだけで、お土産が貰えるのはめずらしい裏優待です。

100株で議決権を行使するだけで、QUOカード(500円分)とはおいしいお話しです。何故、議決権を行使するだけで裏優待がもらえるかは、同社の株主構成に起因するのです。つまり、大株主がいないので、幅広く議決権を集めないと総会が成り立たない、という事情があるのです。

ちなみに同社の2021年7月16日の終値は、わずか85円にのです。つまり8,500円で500円の裏優待約6%がいただけたわけです。だけど、このご機嫌な裏優待も今年で終わりを告げたのでした。

あの東証の上場区分の再編に伴い、“2021年10月1日を効力発生日とする10:1の株式併合を実施します”とのこと。10月移行は必要購入金額が10倍となります。

これに合わせてこの裏優待もアップするということはいないと思うので(あっても1,000円ぐらいかな)、ご機嫌な裏優待祭りは今年で終わりかな

いつも祭りには終わりがあるというものです。

最新の四季報によれば、ブロードメディアの評価はこんな感じです。

[反発]通信制高校は生徒数拡大続く。コンテンツ配信網も単価向上し増勢。前期コロナ影響で低迷したスタジオ制作復調。釣りビジョンも広告回復軌道。動画配信の販促費増こなし営業益反発。減損ない。

[絶好調]通信制高校は4月入学者数が過去最多、単価高い。eスポーツコースも拡大。字幕・吹き替えはハリウッドの新作公開少ないが、動画配信からの旧作受託で補う。

投資は自己責任で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。