(2021年10月ターキッシュエアラインズ搭乗記198便)インタンブール-羽田のビジネスクラスの食事は非常時の対応と判断したな

ミラノのマルペンサ空港のラウンジでまったり過ごした後は、いよいよ日本への帰るフライトです。マルペンサを19時35分発のターキッシュエアラインズでイスタンブールまでです。

発着便も乗客も少なく、非常にスムーズに搭乗と出発です。

こちらの路線は中距離ということで、足元にある程度余裕のある座席です。但し、ヨーロッパ内のビジネスシートのように3列での間の席を飛ばしてのなんちゃってビジネスクラスではありません。

離陸後は、きっちりとアルコール類などのサーブから始まります。そして、DENON製のノイズキャンセリングのヘッドホンも長距離路線と同様に配られます。

但し、行きのローマ線も帰りのミラノ線もどちらもポーチ類は配られなかったな。これは少し残念です。情報によれば、トルコのブランドのポーチが配られるとの情報があったのですが。

食事です。まずはトルコ料理の前菜です。メインはお肉・エビ・パスタの中からのチョイスです。自分が選んだのは一番無難そうな「Grilled Turkish Style Meatball」というものです。

そして、出てきた料理がこちらです。何かハンバーグの煮込みにしか見えないのですが。

だけど、お味はスパイシーでいけますよ。

インタンブール航空に近づいての夜景はすごく綺麗です。定刻通りのフライトでした。

そんなこんなで深夜のイスタンブールの空港に到着です。中東の不夜城の空港の一つですね。

既に行きの時にショップは一通り把握しているので、買い物もなく、ターキッシュエアラインズのラウンジに直行します。

心配していた行きの早朝のラウンジではなかったアルコール類ですが、帰りは夜ということでちゃんとアルコール類はありました

安心しました。こちらのラウンジはこのご時世、この時間でもかなりごった返していました。

恐るべし、インタンブールです。

そして、深夜1時40分の便で東京・羽田に戻ります。198便です。

ここでは、事前に搭乗前にかなり厳しい日本政府が現在要求しているコロナ用の必要書類の検閲というかチェックが厳しく入ります

すべて揃っていないと搭乗できないようです。中には、抗議している人も散見されます。

定刻どおりの搭乗と出発です。今回の便のビジネス客は5名程度というかなりお寒い感じです。搭乗後は、日本入国にあたり政府が求める書類が配られます。誓約書等々です。

乗客も少ないので、ヴェルサーチのポーチの色も選ばせてくれたのです。自分が選んだのは今回は、赤です。

深夜ですが、食事です。前菜はかなり大胆なチキンとレタスのサラダとトルコ料理の小皿です。なかなか豪快です。メインは今回はさすがに魚をチョイスです。

アルミで蒸し焼きにした白身のお魚でずか、これが案外おいしかったんだな。

そとて、到着まえの食事はオムレツをチョイスです。

今回のビジネスクラスの食事としては疑問符が付きますが、これは非常時ということなのかな。フライングシェフが同乗する真のターキッシュエアラインズの食事をいつか楽しみたいものです。

まあ、不要不急でもなかった2021年10月のイタリア旅行記はこれで(完)です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。