ドコモの携帯を使っていなくても、dカードGOLDカードに加入できるぞ。それはドコモ光に加入することだった。

当方、自宅マンションでの光回線はマンションタイプのNTT東日本のフレッツ光サービスを長年使ってきた。違う光回線のサービスに乗り換えた方が、いろいろなポイントや金銭などのキャッシュバックがあることは知っていたが、面倒なのと、料金も十分安かったので、その気が起こらなかった。

ただ、今回、法人名義のNTTドコモの機種変更でiPhone XS Maxが入荷したということで、ドコモショップに出かけた。

また、個人的には格安SIMを利用しており、ドコモの回線を持っていないので、今までdカードGOLDカードは発行できずにいた(正確には、発行できないものと思い込んでいた。)。このカードは以前より、持ちたいなとは思っていた。理由は、大きなポイント付与のキャンペーンが時々あるから。

そこで、お店での話の発端は、今回のiPhone XS Maxの機種代金をドコモ光に乗り換えてくれたら、10,000円引くということで、店員の方より強烈な営業をかけられていた。

支払いは法人だし、10,000円の割引にもさしたる興味は覚えなかったが、dカードGOLDカードが持てるなら云々の話になった。店員の方もよく知らなかったらしく、中で確認してきますといって事務室に帰っていった。

すると、ドコモ光に入るとdカードGOLDカードも発行できることが判明。まあ、フレッツと比べて料金も同じならということで、今回、思いかけず自宅の光回線をドコモ光に乗り換えたという次第。

dカードGOLDへはドコモから請求がくるので、利用料金1,000円につき100ポイントたまる。

今回のドコモ光は2年定期契約で4,200円/月(Asahiネットのプロバイダー料金も込みの値段)。これにドコモ光電話の月額使用料500円がプラスされて、税込み月々5,076円かな。

これで、毎月、dポイントも500ポイントづつたまる。まあ、いいかというところ。

これとは、別にフレッツ光からのきりかえ(転用)は、「dポイント5,000pt」ももらえるようです。

今回の光回線の切り替えとクレジットカードの入会ですが、店頭よりネットのポイントサイトで経由で申し込んだ方がメリットが大きいと思ったが、まあいいか。

フレッツからドコモ光への切り替えは何のハードの交換・構築も必要なく、いつの間にかサービス主体が変わっているということになるらしい。

まあ、同じグループ内の親子で乗り換えを煽ってもしょうがないとは思うのは、そう考えるのは社外の人だからだろうか?

だけど、何故、お店の人はdカードGOLDカードならマスターブランドの方がよいですよ、と推奨しているのかな。使っていけば、判ると思うが。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。