代々木八幡の「宝味八幡」でダック・鶏足・排骨を喰らう、まるで香港の裏通りの夜だね、最高!

8月に入っての第1週目の土曜日の夕食です。来週末の土曜日はホーチミンに滞在しているので、旅行前の夕食のレストラン選びということになります。

本日は前回の訪問で大変気に入った(値段良し、味良し)の小田急線の代々木八幡もしくは千代田線の代々木公園駅近にある「宝味八幡」を再訪しようということになったのです。

前回は家族2名で訪問し、今回は3名で訪問します。食べログ経由でネットで前日でもサクッと予約できるのです。

こちらのお店は、点心や焼き物が中心のカジュアル系のお店です。香港などではよく見かけるお店のスタイルなんだな。日本では圧倒的にこの手のスタイルのお店がないのが残念です。

そして、こちらのお店は、味坊集団さんが展開しているお店ですね。味坊集団は点心師何偉昌さんを中心に、何でも何偉昌さんは点心師30年のベテランの広東人の方です。

現在はお店はこんな感じで展開されていますね。

  • 味坊(神田)
  • 味坊鉄鍋荘(湯島)
  • 羊香味坊(御徒町)
  • 老酒舗(御徒町)
  • 香辣里(三軒茶屋)
  • 吉味東京(足立)
  • 宝味八萬(代々木)

というわけで、土曜日の19時に訪問です。だけど、この代々木八幡周辺はこじんまりとオシャレなレストランが点在し、若者が多く、活気があって住んでみたい街ですね。大変気に入ったのです。

そして、お店に伺うと、予約していない人が待っている状態です。予約は必須ですね。

まずは、生ビールですね。こちらは瓶ビールはなく、生ビールだけで勝負のようです。

そして、ビールのつまみと言えば、まずは「広東烤鴨」(窯焼きアヒル、ダックと言った方がおいしそうだね)です。1,200円です。このざっくりと盛った一皿だけで、もう本日は大満足です。ビールとしゃぶりながらのダック、もうたまりません。最高に幸せな瞬間です。

連れは、いつものようにまずは「小籠包」です。続いて、前回大好評だった「豆鼓排骨」(680円)です。まるで香港の雑踏のお店に来ているようなラインナップです。

そして、横の写真入りのメニュー表を見ると、あの鶏足があるではありませんか。「揚げ鶏足のピリ辛蒸し」(680円)です。ここで、この鶏足が食べれると思いませんでした。遂に発見しました。日本のお店ではこの鶏足を置いてあるところがないんだな。

連れは、少し趣向の違う点心と締めのお粥を注文のようです。

自分は点心とお粥には目もくれず、ダックと排骨と鶏足、合間にビールで大忙しです。今日は生ビールを3杯いたたき、大変満足な土曜日の夜を過ごさせていただいたのです。

お会計は7,500円です。

お財布にも優しく、本当に貴重なお店なんだな。また、すぐに再訪させていただきます。

ご馳走さまでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。