全く盛り上がっていないが“Go To Eat キャンペーン Tokyo”が狙い目だよ、利用店舗の多い紙ベースはすぐに買えるよ

本日はイタリア・ミラノの旅のブログから離れて、毎週の土曜日の外食というかレストランについて書きます。

現在、行政挙げての外食キャンペーンに“Go To Eat キャンペーン Tokyo”があります。だけど巷では旅行支援キャンペーンは盛り上がっているようですが、こちらのeatの方は全く盛り上がっていないようなのですね。

  • 販売期間 令和4年12月25日(日)まで
  • 利用期間 令和5年1月25日(水)まで

これは、お得なプレミアム付食事券(購入金額の25%分を上乗せ)です。10,000円を支払ってこの食事券を購入すれば12,500円分の食事券として利用できるのです。

自分の住んでいる地域でどのお店が利用可能店かは、こちらで検索すればすぐにわかります。自分は家族も含めてこちらを既に60,000円分購入しました。この年末年始に実質25%引きで食事ができるのはうれしい限りです。

だけど、何か人気がないようなのです。自分は利用店舗が多い紙ベースを利用するのですが、今でも何ら問題なく購入できるのですが。ビックカメラの店舗でも引き換え可能です。

メールアドレスで登録すればすぐにその場でも購入可能なんだな。

自分はこのGo To Eat食事券でこの12月から1月は十分活用させていただこうと思っています。

というわけで、本日はこの食事券ができるレストランの中から選びます。

やっぱりこの季節、北海道はサッポロに行かなくても食べたいものに、ジンギスカンがあります。自分の家族1名に理由は不明なのですが松尾ジンギスカンはダメという人間がいるのです。(理由はわかりませんが)

というわけで、本日選んだレストランは赤坂にある札幌でも有名店の「白くま」さんに決定です。約2年ぶりぐらいの訪問かな。

数日前でも予約ができたのです、ラッキー。

19時に3名で訪問です。店内はカウンター席のみですが、満席です。

2年前とはカウンターの中のメンバーが変わっています。今は女性だけなのです。前はチーフは男性だったのですが。余談ですが、以前聞いた話しでは、こちらのお店は上智大学の体育会のあるサークルの女性の歴代伝統のアルバイト先だとお店の人から聞いたことがあるのです。

そんな話しは別にして、まずはビールです。ここは選択の余地はありません。“サッポロ生ビール黒ラベル〈樽生〉”(690円)でしょう。

つまみにまずは“生キムチ”です。辛さ控えめでウマし。突き出しのモンゴル風(自称)の塩ラム肉も特上の一品です。

そして、目の前にはジンギスカン鍋に火が入っています。ラムの注文です。

  • オーストラリア産マトン(1,400円)
  • アイスランド産ラム(1,700円)

ちなみにオーストラリア産マトンは“お店の一押し”です。

オーストラリア産を2人前、アイルランド産を1人前の注文です。

どちらもやっぱり旨いよ。こうなれば、ホルモンとニンニクを追加注文です。

ジンギスカンとにんにくのニオイを気にせずに、ひたすらビールとジンギスカンで夢見心地の領域に達します。連れは、白米とジンギスカンで定食化しています。

そして、たたみかけるようにオーストラリア産マトンを2人前を追加します。

約1時間強のジンギスカンとの格闘でした。満腹感と充実感は半端ないです。

そして、お会計は12,300円です。Go To Eat食事券を利用して実質10,000円かな。とにかく、たまらんな。

こんな感じでジンギスカン臭を漂わせながら、赤坂の土曜日の夜は過ぎていったのです。

とにかく、最高だね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。