確定申告真っ最中の朗報。ソニーのICカードリーダー(パソリ)があれば、e-Taxで確定申告が済むとは、知らなかった。大盲点

もっぱら、パソコンで電子マネーの残高確認やネットショッピング、交通系ICカードの利用履歴確認などにしか使えないと思っていた、自宅にあるソニーのICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ)ですが、確定申告のe-Taxtによる申告ができるとは、まったく知りませんでした。ICカードリーダーの型番は、RC-S380。

これにマイナンバーカードがあれば、自宅から簡単に確定申告ができるというもの。そして、電子申告は、所得税の還付がある場合には、早期処理がされるとのこと。これも朗報ですね。

自分は、また余計な端末をe-Tax用に購入しないといけないと勝手に思っていた。

自分的にはすごい情報なのに、世間では全く話題にもなっていませんね。新聞記事にも広告でも見たことがありません。ましてや、ソニーや税務署からの周知は全くありません。

自分はソニーから商品紹介のメールで初めて知りました。パソリが自宅にある人多いと思います。これは完全に使えるガジェットに大変身です。まさに9回裏の代打満塁ホームランですね。

このソニーのICカードリーダーは、新規に購入しても実売価格は2,600円程度と実に安価です。ちなみに、このカードリーダーに対応しているOSは、windowsのみですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー PaSoRi(パソリ) RC-S380(非接触ICカードリーダーライター/USB) (RCS380P)
価格:2621円(税込、送料別) (2019/2/6時点)

楽天で購入

そして、来年からは別途、メリットが出てきます。

さらに青色申告を行う方に朗報

平成32年分(2020年分)の確定申告から青色申告の特別控除額が55万円となりますが、e-Taxによる申告(電子申告)または電子帳簿保存を行うと、引き続き65万円の特別控除が受けられます。今後、マイナンバーカードおよびICカードリーダー/ライターを利用したe-Taxでの申告は、メリットが増えていきます。

いずれにしても、青色申告を行う人以外にも、確定申告を行う人の中には圧倒的に還付を受ける人が多いと想像できますが、その還付金が早期に返金処理されるとなると、これを使わない手はないと思います。

こんな便利な使い方ができるとは。まったく、スキをつかれました。

ちなみに、e-Tax関係のソニーからの情報はこちらまで。

いま話題の「ふるさと納税」をした人も、このe-Taxでチョチョイとできますね。それにしても、ここ数日ブログで話題の泉佐野市のふるさと納税のアマゾンキャッシュバックすごいことになっていますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。