ANAより「A380成田-ホノルル便就航記念 ANA HAWAii オリジナルデザイン」のハイドロフラスクが発売。これはポチルな

自分が現在利用しているボトルは「Hydro Flask」(ハイドロフラスク)の473mlの黒のボトル。会社に持って行って、飲むには最適なボトルと思っている。保温、保冷ともによく機能する優れものと思っている。

このボトルに出会うまでは、アウトドアの定番のKlean Kanteen(クリーンカンティーン) を利用していたが、古くなったのを機に、乗り換えた次第。

はっきり言って、Hydro Flaskの方がおしゃれで機能もすぐれていると思います。

そのHydro Flaskから、ANAより「A380 成田-ホノルル便就航記念 ANA HAWAii オリジナルデザイン」のハイドロフラスクが発売になった。こちらは、AMCアプリの先行販売

アイテムの紹介はこちら。

ハワイで人気となったハイドロフラスクが、ANAオリジナルデザインボトルになって初登場。今回はキャップが2種類付属した特別セットです。二重壁真空断熱技術を採用しており、表面に結露ができることを軽減します。A380成田-ホノルル便就航を記念し、A380の機影とハワイの雰囲気を感じることができる植物が融合したデザインをプリントしました。カラーバリエーションは豊富に6色取り揃え、日常使いはもちろん、プレゼントにもおすすめです。

容量は473ml。本体の重さは297g。気になるお値段ですが、5,800円。自分はANAカード割引の10%引きで5,220円(税込)。

色の種類は、下記の6種類。

  • コバルト
  • ホワイト
  • パシフィック
  • オリーブ
  • フラミンゴ
  • レモン

そして、AMCアプリ先行発売に乗せられて、コバルト(紺色)のHydro Flaskを思わずポチッしてしまいました。そして、今だと、ANA HAWAii オリジナルトートバックがプレゼントされる。だけど、このトートバックは届いたものを見ると、少しやすっぽい布製のものです。

このHydro Flaskですが、さすがにANAオリジナルデザインだけあって、通常のHydro Flaskよりは値段は少し高めですね。まあ、キャップも2種類つくし、それだけの価値はあるのかな。

まあ、おそらく売り切れると思うので、人気の出そうな色は早く購入した方がよいのかなと思った次第。自分は現在使っているHydro Flaskの予備用として購入しました。

あと、旅行にはいつも、このHydro Flaskの354mlを持っていきます。お水や“ワイン”入れに使って重宝しています。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。