本日は兄夫食堂の売店で宋家の冷麺(ソンガネ冷麺)を購入。日本で一番売られている韓国産冷麺。冷麺にはカクテキキムチでしょ

昨年から我が家の夏の週末の定番ランチになったのが冷麺です。

きっかけは、ジャーナリストで評論家の佐々木俊尚さんのTwitterでの冷麺は盛岡の「ピョンピョン舎」の冷麺がおいしいよ、成城石井で買えるよ、というつぶやきを見たのがきっかけだったのです。

だけど、日本のスーパーマーケットには冷やし中華の種類はたくさん置いてありますが、冷麺は置いていても1種類程度で残念なことです。

それなら、ぴょんぴょん舎の冷麺を買えばよいのですが、このぴょんぴょん舎の盛岡冷麺2食セット は810円(本体価格:750円)するのです。そして、成城石井の店頭にもないときが多々あるのです。

そんな冷麺セットですが、先週末は赤坂の韓国料理で超有名な兄夫食堂の店舗に出かけたのでした。

まずは冷麺探しです。さすがに、こちらのお店はいろんな種類の冷麺セットを置いてあります。

そんな中で自分が選んだのが、宋家の冷麺(ソンガネ冷麺)という茶色い色の冷麺を購入したのです。スープも別売りで同じ宋家の冷麺スープも購入です。

自宅に帰って調べてみると、この宋家の冷麺はかなり有名なメーカーのようです。

プロも選ぶ、日本で一番売られている韓国産冷麺「宋家の冷麺」。

麺の食感とスープのコクに定評があり、しかも簡単に本格的韓国冷麺が楽しめます

コクがあり、ほど良い酸味のストレートタイプのスープとノド越しがツルッとしたコシの強い麺が特徴です。

すべて韓国から直輸入しています。

この宗家シリーズは韓国は五星コーポレーションという会社のブランドのようです。

オンラインショップはこちらとなります。

麺が茶色ということは、そば粉入りですね。

そして、こちらのお店では自家製のキムチ類も販売しています。

冷麺にはカクテキキムチということで、購入させていただきました。カクテキキムチは300円なりです。

そして、自宅で冷麺をつくるのでした。

冷麺の具材は下記のとおりです。

  • ゆで卵
  • キュウリもみ
  • リンゴ
  • 牛肉の細切り

きゅうりは薄く輪切りにして、塩もみにして、水で洗い流すと柔らかくなります。このきゅうりの添え方は、麻布台の名店・山形牛焼肉の雅山さんのやり方を真似てみました。

冷やし中華のきゅうりのように細切りは冷麺には合わないと思います。キッパリ

ゆで卵以外はすべて細切りにします。この添え方も雅山流です。

そして、麺は1分茹でて水洗いすれば自家製冷麺の出来上がりです。

実食です。

今回の宗家の冷麺の麺はすこし細いようです。自分はもう少し太い麺が好きだな。

だけど、スープは良い味を出しています。やっぱり暑い夏のランチは冷麺ですね。

本日も美味しい冷麺を自宅でいただけて幸せな土曜日のランチになったのでした。

そして、何とアマゾンでも売っているよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。