Warning: Use of undefined constant AIOSEO_VERSION - assumed 'AIOSEO_VERSION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kazhada/kazuohada.com/public_html/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/templates/features.php on line 3333
[宿泊記]ホテル激戦区の札幌。京王プラザホテルに朝食付きでこんな値段で宿泊できるのであれば、大満足

[宿泊記]ホテル激戦区の札幌。京王プラザホテルに朝食付きでこんな値段で宿泊できるのであれば、大満足

札幌には旅行の最終日にも宿泊するのですが、今回は自分にはあまりなじみのない京王プラザホテルに宿泊したのでした。

Gポイント経由のYahooトラベル予約で一休プランで予約したのでした。

2日前のキャンセルから50%のキャンセル料がかかるという非常にゆるく、良心的なキャンセルポリシーです。

これに、3名の無料の朝食が付いて、トリプルベットルームが予約できれば最高です。

宿泊料金は15,000円です。

だけど、概して京王プラザ系のホテルは古いという固定概念あったので、当日、チェックインをして部屋を見るまでは納得の確信は持てなかったのです。

立地はJR札幌駅から徒歩3分に位置し、非常に便利です。

ホテルの車寄せも使いやすく、駐車場も広々としています。

そして、チェックインです。1Fのロビーは広々として、好感が持てます。

係りの人もマスクにフェイスシールドで完全防備の体制でフロアーで案内されています。

チェックインは名前を告げるだけで認識してくれ、非常にスムーズなチェックインです。

お部屋のトリプルルームも清潔、綺麗で何の文句もつけようがありません

これに屋上にでも温泉がむあれば最高なんですが。それはしかたがありませんね、シティホテルですから。

朝食は1階の「グラスシーズンズ」です。さすがに、札幌の平日の朝です。朝食を食べている人は1人のビジネスマンが多いかな。

朝7時30分の入りは2割程度でしょうか。

そして、朝はブュッフェではなく、お膳でサーブされます。

アメリカンブレックファーストと和定食の選択です。

3名ともにご飯は雑穀米をチョイスしての、和定食です。

綺麗に配膳された小鉢がお重の中に配置されています。

おかずのお重は二段のお重です。見ただけで、満足感が得られます。

こんな和定食であれば、ブュッフェでなくてもよいですね。

ブュッフェはどうしても食べ過ぎて、抑制がむきかなくなります。

よい年齢の人間にとってはブュッフェでない方が体に良いですね。

実は人生で初めての京王プラザホテルでの宿泊でしたが、サービス、部屋の状態、立地、宿泊料金のどれをとっても十分満足できるものでした。

車での利用、JRなどの公共交通金の利用でもどちらでも使えます。

すすきのまでは徒歩で20分ぐらいかな。

最終日に宿泊したのは「センチュリーロイヤルホテル」でしたが、京王プラザホテルとすぐ並びにある立地ですが、ホテルのクオリティーを考えれば、次も京王プラザホテルを選ぶかな。

IHG系ではANAクラウンプラザなどがあり、ホテル激戦区の札幌ですが、こんな値段で京王プラザホテルが予約できるのであれば、間違いなくチョイスしますね。

ただ、ヒルトン系のホテルがないのが、はなはだ断念です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。