東京・赤坂のマルケ料理のイタリアン「aniko」さんで“マルケの田舎風パテ”を食す。これ、本当にうまいよ

台風が関東地方に上陸する恐れのある週末の土曜日です。

こんな夜はイタリアンでまったりといきたいんだな。何故、イタリアンなのか説明がつきませんが。

そして、半年ぐらい前に行ったお店で印象的な料理を出してもらったイタリアンのお店です。

その料理は、パテと青いオリーブの実の中に挽肉を入れて揚げた変わった料理だったのです。

その二つをリピートしに行きたいのです。

そのお店は、イタリアのマルケ州の料理を提供するイタリアンなのです。

お店の名前は「aniko」(アニコ)さんです。

  • 東京都港区赤坂6-3-8 高松ビルB1F
  • TEL: 03-6230-9172

お店の紹介文からです。

日本では珍しい『マルケ料理』 地元を愛し、食材に寄り添うその食文化の素晴らしさを伝えたいという想いから、日本では珍しい『マルケ料理』のお店を開きました。

店名の”aniko”とは、現地の方言で「たくさんのものを少しずつ」という意味。たくさんの美味しいものを少しずつ楽しめるお店で、たくさんの人を幸せにしたいという想いを込めた名前です。

そして、例のGo To イートキャンペーンも忘れてはいけません。

ちなみに「aniko」さんは食べログ経由で予約できます。3名で3,000円のポイント還元ですね。

台風の雨の中、19時に3名で訪問です。

そのお店は、赤坂の裏通りにひっそりと佇んでいるのです。ちなみに、同じ通りにはあの有名な「赤坂 砂場」さんもあります。歩いて30秒かな。

階段を降りてお店に入れば、半分ぐらいのお客さんの埋まりです。この台風の中です。なかなか健闘されています。盛況のようです。

テーブルにつくなり、マスターがあいさつとお通しをサーブしてくれます。

「aniko」さんはテーブルチャージが1人300円かかりますが、300円でこのお通しは秀逸です。本日は、生サーモンの切り身の上にいくらです。

これは価値ある一品です。

ワインはハウスワインの赤をグラスでいただきます。このお通しに赤ワイン、たまりません。

まずは、お目当ての前菜を2品注文します。

  • マルケの田舎風パテ 800円
  • オリーブの肉詰めフリット 800円

このパテが800円とは信じられません。パテは分厚くて、肉も粗挽きで、肉本来のうまさが味わえる逸品です。今までに食べたパテの中で一番おいしいかも。田舎風が素朴でよい味を出しています。

そして、「aniko」さんの名物、肉詰めのフリット、うましです。目の細かいパン粉でカラッと揚げてあります。

続いて注文したのが、次の2品です。

  • ナスのあつあつグラタン仕立て 900円
  • タリアッテレ フリッテ パスタのコロッケ ミートソース 1,300円

この“タリアッテレ フリッテ”には驚きました。サーブされた時、思わずマスターにこれ本当にスパゲッティかと聞き返したほどです。

このコロッケの中にパスタがあるのです。何と大胆な料理でしょうか。

そして、メインは今日のオススメの黒板メニューからです。

やっぱりここは、これでしょうか。

  • 骨付き 仔羊のカツレツ 2,300円

季節の野菜と綺麗に揚がったカツレツです。レモンを絞って、がぶりといきます。肉旨しです。女性陣はティラミスを注文のようです。

食べ終わった後気づいたのですが、カウンター席はほぼ埋まった状態です。中には1人で女性の人も見受けられます。

今日は、この料理で赤ワインをグラスで4杯いってしまいました。であれば、最初からボトルで注文した方がよいのかな。

これでお会計は、13,310円です。うちアルコールが3,600円を占めています。(900円/杯×4)

Go Toを入れれば、実質10,000円で食べれることになります。コスパは大変良しです。

だけど、あのパテ、テイクアウトしてくれないかな

ご馳走様でした。リピ必須のお店ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。